シミやお肌についてのお勉強 - シミウスは楽天でなぜ人気?

ここでは、シミやお肌、化粧品について分かりやすく紹介しますね。
皆さんにとって少しでもお役に立てれば・・・と言う気持ちで
掲載していますので、お時間が有りましたらご覧になって下さいね♪

 

シミの原因!

お肌が乾燥しているとシミができやすいんです

 

顔の洗いすぎはシミの原因に!

 

花粉症でシミが増えてしまう?!

 

帽子でシミができてしまう?

 

拭き取り式の化粧水がシミの原因に?

 

メイクブラシがシミを招く?

 

香水がシミの原因に!付ける場所にはご注意ください!

 

シミがデキる人の悪いクセ

 

シミの原因は紫外線だけ?

 

PM2.5とシミの関係

 

ブルーライトとシミの関係

 

シミを悪化させる食べ物

 

睡眠不足はシミの大敵!?

 

老化を感じさせる要因を知っていますか?

 

「しみリスクチェック」してみませんか?

 

化粧品でシミが消えない人の特徴

 

シミを気にするとシミが増えてしまうんです

 

体の冷えがシミを居座らせてしまう?!

 

話題のシェービング(顔そり)はシミの原因に??

 

スキンケア商品と日焼け止め、相性が悪いとシミのもとに

 

シミ対策を分かりやすく!

シミ対策を始めるタイミング

 

結局、シミ対策はどうすれば良い?

 

頭皮マッサージでシミ対策

 

スクワットがシミに効く?

 

シミを追い出す食べ物

 

シミに効く飲み物

 

意外と目立つ!唇のシミの対処法

 

お肌についてのち・し・き♪

健康なお肌の水分量の目安

 

肌タイプの種類

 

くすみの原因とシミウスジェルでのケア

 

化粧品のち・し・き♪

季節によって化粧品を変える必要はある?

 

ピーリングの本当の意味と化粧品のネーミングの違い

 

美白・日焼けについて♪

 

美白化粧品ってどう「美白」してくれるの?

 

美白に有効とされている成分の種類

 

お肌の漂白剤「ハイドロキノン」について

 

全部の美白化粧品に白斑の可能性はあるの?

 

え、こんなところ?「うっかり日焼け」にご注意ください。

 

日焼け止めをぬらなくていい季節ってあるの?

 

照り返しに注意!

 

 

シミやお肌についてのお勉強記事一覧

お肌が乾燥していると潤っている時よりも老けて見えがち。ピチっと若々しい印象のためにも「保湿」はしっかりと行っていきたいですね。保湿の重要性は「見た目」だけに関わることではありません。実は乾燥したお肌は、潤っているお肌に比べて「シミができやすいんですよ!」お肌の乾燥とシミの関係お肌を「外からの刺激」から守っているのは「バリア機能」。「バリア機能」とはお肌を覆っている「皮脂」や角質層に満たされている「...

「美肌は洗顔で作られる」といわれるくらい、美肌づくりにとって洗顔は「重要なケア」のひとつ。でも気をつけてください!確かに「美肌づくり」には洗顔は重要ですが、顔を洗い過ぎたり、間違った洗顔をするとシミの原因になってしまうんですよ。洗顔のし過ぎでシミができてしまう理由お肌を「外からの刺激」から守ってくれているのは「バリア成分」と呼ばれる「お肌が持っている天然の成分」。この「バリア成分」が少なくなってし...

実は花粉症の方はシミができてしまうリスクが高いのはご存知ですか?花粉症の季節には首周り・頬のラインなどが痒くなったりメイクのノリが悪くなったりとお肌の不調を感じる方は多いかと思います。実はこれ、花粉がお肌に触れることで起きるアレルギー反応の一種なんですよ。花粉症の時期は季節の変わり目、バリア機能が低下している時期でもあります。バリア機能が低下しているということはホコリや花粉などがお肌に侵入しやすく...

シミの原因になる紫外線。紫外線をなるべく浴びないためにも日焼け止めを塗って、日傘をさして帽子もかぶって。これでシミ対策は完璧!でも、この対策の中にシミの原因になってしまうものが一つあるんですよ。それは「帽子」なんです。もちろん「紫外線をさえぎる方法」として帽子をかぶることは有効なんですよ。でもシミの原因は紫外線だけじゃないですよね。帽子でシミができてしまう原因紫外線以外のシミの原因のひとつに「摩擦...

「古い角質を優しく除去する」という拭き取り式の角質ケア化粧水。お肌に優しく「毎日使える」とうたっている商品が多いんですが本当にお肌の負担にはならないんでしょうか?拭き取り式の化粧水は使い方次第ではシミの原因に!お肌に負担をかけずに古い角質を取り除くことはできません。どんなにお肌に優しい商品でも少なからず負担はかけています。例えばスクラブ洗顔はゴマ粒のようなスクラブでお肌に摩擦を与えて古い角質を取り...

メイクをするとき、どんなブラシを使っていますか?アイシャドウやチークに付いてくる付属のブラシ?それとも「肌触り」や「使い心地」を重視して別に購入していますか?「シミ対策」の点から見てもメイクブラシは、メイク用品に付いてくる付属のブラシよりも別で購入したものを使う方が良いんですよ。というのも、メイクブラシの質が悪いとシミができてしまう可能性があるんです。シミとメイクブラシの関係シミの原因は、「シミの...

香水やコロンをつけている女性は多いと思います。好きな香りを身にまとっていると特別なことがなくても良い気分になれますよね。ですが「付ける場所」には注意が必要です。香水やコロンが「服のシミ」の原因になってしまうことはご存知だと思いますが実はお肌のシミの原因にもなってしまうんですよ。その原因はコロンや香水に含まれる香料だと言われています。すべての香料というわけではありませんが、香料の一部には紫外線に反応...

シミが「できにくい人」と「できやすい人」がいるのはご存じですか?シミの原因は紫外線だけではありません。体の中で活性酸素が発生したりお肌が炎症を起こしてしまうとシミは発生してしまうんですよ。特にお肌って「え、こんな事で?毎日してますけど・・・」っていうくらい些細なことが原因で炎症が起きてしまうんですよ。ちゃんと紫外線対策をしているのにシミができてしまう人は、もしかしたら炎症に繋がる「悪いクセ」を持っ...

シミの原因といえば、まず思いつくのは「紫外線」ですね。「日焼け止めを一年中塗っているのにシミができてしまった・・・」紫外線対策はきっちりしているはずなのに「なんで??」実はシミの原因は紫外線だけではないんです。紫外線以外のシミの原因体の中で「活性酸素」が発生すると「シミのもと」となるメラニンが生成されてしまうんです。活性酸素が体の中で発生してしまう原因は様々。・たばこ・お酒・食品添加物・睡眠不足・...

シミの原因となる紫外線は日焼け止めをしっかりと塗ることでカットすることができますよね。摩擦もシミの原因となってしまいますが、お肌を擦らないようにしたり触りすぎないようにするなど、ある程度の対策はとれます。でもシミの原因の中で「もうこれはどうしようもないのでは??」と思ってしまうものもありますよね。そのひとつが「PM2.5」などの大気汚染物質。PM2.5といえば、気管支炎や肺疾患・心臓疾患など健康面...

スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトが視力低下や不眠など、健康面に悪影響を与えてしまうことはよく知られています。このブルーライト、実はシミの原因にもなってしまうんですよ。しかもブルーライトを照射した場合、紫外線を照射した時よりも肌を茶色に変色させたという調査結果もあるんですよ。しかもブルーライトは一般的な日焼け止めではカットできないとのことです・・・仕事柄毎日パソコンに向かう方やスマホ...

「シミを悪化させる食べ物」があるってご存じですか?「悪化」という言い方は少し間違っているかもしれません。正確には「紫外線を吸収しやすくなる成分が含まれている食べ物が あるというのはご存じですか?」ですね。・紫外線と相性の悪い食べ物□キウイ□レモン□オレンジ□グレープフルーツ□きゅうり□パセリ□セロリ上記にあげたのはほんの一部ですが、これらの野菜や果物には「紫外線を吸収しやすい成分=ソラレン」が含ま...

睡眠時間はしっかりと取れていますか?もし「寝不足」の自覚がおありでしたら、シミケアのためにも「なんとか睡眠時間を確保してください!」実は睡眠不足はシミを悪化させてしまうんですよ。睡眠不足がシミを悪化させてしまう理由「今あるシミ」が薄くなっていくのはお肌のターンオーバーと一緒にシミが垢となって剥がれ落ちていくからなんです。シミは「一つの大きなかたまり」のように見えますがお肌と一緒で何層にも重なってで...

10年位前の自分の写真と今の自分を比べると「私、老けたなぁ?」って感じますよね。10年も経てば当然といえば当然なんですがそれにしたってなぜ同じ人間の顔なのに、こんなにも印象が変わってしまうのでしょう?老けた印象を与えてしまう要因骨格は同じなのに、10年も経つと印象がガラッと変わってしまうのは「老化を感じさせる部分」が増えたからなんです。その「老化を感じさせる部分」の代表が・シワ・毛穴・たるみ・シミ...

「紫外線対策をしっかりしているつもりでも 何故かシミができてしまう・・・」そういう方は知らず知らずのうちにシミを招いてしまうクセがあったり、間違えたシミ対策をしてしまっているのかもしれません。以下は「シミを招いてしまう悪い習慣」や「間違ったシミ対策」です。ご自分でチェックしてみてください。□ 頬杖をつくクセがある□ クレンジングは時間をかけて丁寧に行っている□ スクラブ洗顔を週に3回以上行っている...

同じ化粧品を使っていても「シミが消えた」という口コミと「効果がなかった」という全く逆の口コミを見ることがありますよね。実は同じ化粧品を使っても「効果を感じにくい人」がいるのはご存知ですか?化粧品でシミが消えない人の特徴って?すごく単純なことなんですが、効果がなかったと感じる人の特徴は「効果が出るまで使っていない!」何それ、って感じですよね。でもコレ、本当なんです。市販のシミケア化粧品のほとんどは「...

「あれ?こんなところにシミってあったかしら??」「えっ、シミが濃くなってる?!」シミを見つけてしまったときのショックって本当に大きいですよね。一度気になりだすと、シミのことしか頭になくなってしまうくらい・・・でもですね、実はシミを気にして鏡ばかり見ているとシミが増えてしまう可能性があるのはご存知ですか?気にし過ぎがシミを増やしてしまう理由「シミを見ているとシミが増える?」とてもじゃないけど信じられ...

シミができてしまう原因は□ 日焼け□ ストレス□ 食生活の乱れ□ 摩擦 □ 喫煙 □ 飲酒などなど本当に様々ですよね。シミウスジェルでお肌をケアしている方なら頬杖を付いたり紫外線を浴びるといったシミができる悪習慣には気をつけていることと思います。でも実は「体の冷え」もシミに悪影響を与えているのはご存知でしたか?女性ならほとんどの方が「冷え性」を自覚しているのではないかと思います。ではなぜ冷えがシミ...

シェービングをしてもらうことで□ 産毛がとれて顔色がぐっと明るくなる□ 古い角質も一緒に取れるためお肌がツルツルに□ ターンオーバーを手助けしシミ排出にも一役買ってくれるなどといった利点があるため、最近ではシェービングをしてもらう人が増えているんだそう。女性専用のシェービング店などが雑誌などで取り上げられていて大人気ですよね。ご存知だとは思いますが、シェービングとはカミソリを使った「顔そり」のこと...

UVカット効果の高い日焼け止めをしっかりと塗っているつもりでも、場合によっては効果を発揮できずシミの原因になってしまうことがあります。その要因のひとつがスキンケア商品との相性。どういうことかと言いますと、通常「化粧水→美容液→乳液」を使用したあとに日焼け止めを塗りますよね。このスキンケアと日焼け止めの相性が悪いと塗りムラができたり、スキンケアに含まれる油分が原因で化粧崩れが起きたりしてしまうんです...

シミ対策を始めるタイミングっていつがベストなのでしょう?答えは「今すぐ」です。「いやいや、私シミは無いし」「そんなに気にならないし」という方もいらっしゃるかもしれませんがシミが無いのではなくまだ表面に現れていないだけかもしれせんよ。「シミ対策」というのは主に以下の2つを指します。・今あるシミをターンオーバーと共に排出すること・これからできるシミを予防することできてしまったシミをターンオーバーととも...

まずシミを作らないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。ご存知の方も多いかと思いますが、シミになる一番の原因は紫外線や乾燥によってメラニンが刺激されることです。それらから防御するためには、紫外線を極力防ぎ、潤い/保湿をし続けると言うことです。シミウスブランドには紫外線対策はUV美容液(SPF50+PA4+、保湿にはホワイトニングリフトケアジェルやゲルクリーム、飲むシミ対策には薬用ホワイトCなど...

シミウスジェルで顔のマッサージをすることで血行が促進され、シミがより早く排出されるのはもうご存知かと思います。実は「頭皮」のマッサージをすることでもお顔のシミ対策になるんですよ。頭皮マッサージがなぜ「顔のシミ対策」になるの?なぜか顔と頭って切り離して考えがちですが、頭皮と顔は皮一枚で繋がっています。頭って心臓よりも上にある体のパーツ。重力の関係で「血液が届きにくい場所」なんです。ですから血行が悪く...

「スクワットがシミ対策になる」と言ったら信じてもらえますか?スクワットとシミ、全く関係がないように思いますよね。ですがシミが薄くなる過程を知ってもらうと「あぁ、なるほどね。」と納得していただけると思います。シミが薄くなる過程シミはある日突然消えるものではありません。ターンオーバーによってお肌が毎日剥がれ落ちているのはご存知ですよね。シミもお肌と一緒に少しずつ剥がれ落ちているんです。ですが、歳を取る...

シミのケアにとって大切なのは・シミを作らせないこと。・シミをより早く追い出すこと。ですから、シミ対策の化粧品には・シミの元になるメラニンの生成を抑える成分・ターンオーバーを促進してシミの排出を促す成分が配合されています。こういった成分を「食べ物」からも摂取することでより早くシミを撃退することができるんですよ。シミを追い出す食べ物トマトビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれ、ビタミンEとともに活性酸...

いつも飲んでいる飲み物をちょっと変えるだけでシミ対策になるんですよ。シミに効く飲み物を飲んで体の内側からも「シミケア」を行っていきましょう!・シミを防ぐ飲み物シミの原因は紫外線やストレス・排気ガス・喫煙などの影響で、体内の「活性酸素」が増えてしまうこと。ですからこの「活性酸素」を「取り除くことができる飲み物」を摂ることでもシミ対策ができるんですよ。活性酸素の害を抑えることができる成分を「抗酸化成分...

唇のシミ対策、していますか?他のパーツはしっかりとシミ対策をしていても唇の対策までしている方って意外と少ないんですよね。実は唇もシミができやすい場所。ですからしっかりとシミ対策をしていきましょう。唇にシミができる原因と対策唇にシミができてしまうのは□ 紫外線の影響□ クレンジング不足による色素沈着□ リップメイクなどの摩擦、皮剥けなどが原因の色素沈着などの原因が考えられます。唇まで日焼け止めを塗っ...

健康なお肌の水分量とは角質に20〜30%の水分が含まれた状態を指します。水分量が減ってしまう原因は様々。内的要因だと、顔の洗いすぎや加齢によるお肌の変化で「水分を抱え込む成分」が減少してしまうことが水分量が減ってしまう大きな原因のひとつ。外的要因だと、湿度が50%を切るとお肌の水分が蒸発してしまい水分量が急激に下がることもあります。湿度は冬場に下がるイメージが強いですが今はエアコンの影響で、夏場で...

お肌の質によって使う化粧品やお手入れが変わってきますよね。ではご自分の肌タイプ(スキンタイプ)をご存知でしょうか?お肌のタイプは・オイリー肌(脂性肌)・ノーマル肌(普通肌)・乾燥肌・混合肌以上の4つに分類されます。4つのタイプの他に「敏感肌」というものもありますが敏感肌は「お肌の症状」として分類されることが多く今回はスキンタイプから外しました。オイリー肌でもお肌の調子を崩して「敏感肌になる」といっ...

シミウスホワイトニングリフトケアジェルはシミ専用のマッサージジェルですが、くすみにも効果があるんですよ。むしろくすみの方が効果が出るのは早いです!シミはお肌のターンオーバーと一緒に少しずつ剥がれ落ちていくためどうしても時間がかかります。でもくすみは「くすみの種類」によってはたった1回の使用で効果が出ることもあるんですよ。シミウスジェルでケアできるくすみの種類を集めてみました。くすみでお悩みの方はぜ...

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは年中使えるオールインワンジェルです。季節によって化粧品を変えることを推奨している化粧品メーカーもありますがシミウスジェルはこれ1つで本当に年中使えるんでしょうか?季節によって化粧品を変える必要がある理由「季節によって化粧品を変えましょう」と言われている理由は「変動する外気」によってお肌の調子が狂わされてしまうから。例えば冬は温度・湿度共に低く、お肌が一番乾燥...

「古い角質を除去する化粧品」で勘違いしやすいのはそのネーミング。例えばピーリングジェル。ピーリングという名前がついているので酸か何かで古い角質を溶かすようなイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ピーリングの本当の意味ピーリング(peeling)のpeelとは「剥ぎ取る・皮をむく」といった意味を持つ英語で、アメリカではピーリングといえば化学薬品を使って古い角質を取る「ケミカルピ...

「美白」「シミケア」って化粧品の広告でよく目にする言葉ですね。この言葉を聞くと「お肌を白くしてくれるんだろうな」「シミを消してくれるんだろうな」って思いますが、実際化粧品はどのように美白したりシミを消してくれたりするんでしょう。お肌やシミの色が薄くなるメカニズムシミケアや美白専用の化粧品を使うと「今あるシミや肌の色を漂白してくれる」と思いがち。ですが実際はそうではありません。今あるシミを「漂白」し...

美白化粧品・シミケア化粧品には様々な美白成分が含まれています。美白に有効といっても成分のアプローチの仕方は様々。一般的に美白成分といえば1 今あるシミを薄くする成分(メラニン色素を還元する成分)2 これからできるシミの元を作らせないようにする成分(シミ予防成分)この2つの働きをする成分を美白成分と呼んでいます。しかし今あるシミ・くすみをターンオーバーと共にどんどん排出する成分もシミケア・美白ケアに...

お肌の漂白剤とまでいわれる美白成分、「ハイドロキノン」。これからできるシミを予防するだけではなく今あるシミを薄くすることができる成分として注目されています。「美白成分だからそんなの普通でしょ??」いえ!普通の美白成分は「今あるシミ」を薄くすることはできないんですよ。通常、美白化粧品に使われている成分は「メラニンの生成を防ぐ」という効果、つまりこれからできるシミを予防する働きしかないんです。「新しい...

カネボウ化粧品が開発した「ロドデノール」という美白成分によって「白斑」の被害が出たという話は記憶に新しいですよね。「白斑」とは皮膚の色が部分的に抜けたように白くなってしまう病気。この健康被害の一件以来、他の美白成分についても白斑の可能性があるのではないかと美白化粧品を使うのをためらっている方もいらっしゃるのでは。では全部の美白化粧品に白斑が出る可能性はあるのでしょうか?白斑が出る可能性について結果...

日焼け止めをしっかり塗っているつもりでもついうっかり忘れてしまいがちな場所、ありますよね。このうっかりが、メイクをした時に「あ?、あの人の顔、白塗りしすぎでしょ」っていう違和感につながってしまうんですよ。うっかり日焼けしがちな場所たまに見かける「顔だけ異常に白い人」。これには2パターンあるんですよ。単に「自分の顔色よりも白いファンデーション」を使ってしまい、首やデコルテの色よりも白くなってしまって...

こんなことを言ってしまうと元も子もないんですが日焼け止めを塗るのって面倒くさいですよね。紫外線がシミの原因になっているのは重々承知しています。でも忙しい朝、一手間でも省けたらって思ってしまうんですよね。もし季節によっては日焼け止めを塗る必要がないなら塗りたくないっていうのが正直なところなんです。日焼け止めを塗る必要がない季節ってあるの?残念ながら、日焼け止めを塗らなくていい季節はありません。紫外線...

私は「きれい定期便」を利用してシミウスジェルを購入しています。そうすると定期的に「SIMIUSU」という情報誌が届くんです。この情報誌、メビウス製薬さんの商品の紹介だけでなくシミやお肌全般・紫外線についてなど、色々な知識が載っていてすごく勉強になるんですよ。私は以前、日焼け止めを塗るのはお肌にかなり負担になると思っていたので曇りの日には日焼け止めを塗らずに日傘だけを使っていました。でもこの情報誌を...